部分矯正はどうやって治すのでしょうか?

少し専門的な用語を使った説明にはなってしまうのですが、前歯4本もしくは前歯6本と奥歯2本(2×4もしくは2×6)にブラケットとワイヤーを装着して治療する場合とマウスピースで治す場合とございます。またアンカーとリンガルボタンとパワーチェーンを使用することもございます。いずれの方法でも、凸凹改善ではIPR(0.5mm以内で歯の側面を削ること)は必須になることが多いです。