東武東上線 東京メトロ有楽町線 副都心線
「和光市駅」"駅直結" "駅ナカ" "徒歩0分"

10:00〜21:00(常時OPEN)

SERVICE

root treatment

根管治療が必要な病気とは?

Casel.
虫歯の細菌等が歯の神経中枢部に入り込むことで神経が炎症を起こし、場合によっては神経が壊死している。
Case2.
過去に根管治療が行われている歯に対して細菌が再侵入し、神経の壊死はもちろん根の先に膿が溜まってしまい、歯の周囲の骨が溶けていってしまっている。
特に、Case2の場合…
もうすでに神経のない歯ですから、痛みなどの自覚症状がないうちに病気はどんどん進行してしまいます。
早期発見の鍵は、“定期的にレントゲンによる診査をすること”です。
日本人は定期検診すら受診していない方も多いですし、
“歯のクリーニングだけでなくレントゲン診査”ももっと意識的にしていく必要があります。

根管治療の基本的な流れ

根管内の清掃と消毒は、通常は手作業で“ゴリゴリとヤスリのような器具で擦りながら清掃する”ことが多いのですが、根の本数が多ければさらに治療回数は増えてしまいます。
保険治療による根管治療では、治療回数は個人差がありますが、治療が完全に終わるまでに平均5~7回かかるかと思います。

当院の根管治療

NiTiロータリーシステムを導入

当院は手作業では難しい症例に対しては、全自動で効率的に根管内の清掃と消毒が行えるようにNiTiロータリーシステム導入いたしました。それにより他院に比べ少ない回数で根管治療が完了することができております。
また他院にて見落とされていた根管も見つけ出し、できる限りの清掃と消毒をしていくよう努めています。

  • 治療前
    この奥歯は根がもう1つあるのですが、他院では根管治療が行われずに放置されておりました。
  • 治療後
    当院でNiTiロータリーシステムにより1回の治療で根管治療を完了することができました。
中々治らない、または再発した….

根管治療の再発

難治性根管の存在

「保険治療で根の治療してもなかなか治ってこない・・・」
「一旦治ったと思ったら再発してしまった・・・」
そのようなお悩みをお持ちの方は、もともと根管内の複雑な形態であるがために完全な清掃と消毒が非常に難しい根管=難治性根管の可能性があります。

もしくは、すでに根の先の膿が嚢胞化(膿の袋)しており、摘出手術を伴う治療をしなければ完治しない重度のステージに進行している可能性があります。
その場合は、半年や1年近く保険治療の根管治療をいくら続けたところで清掃・消毒が不完全であり、結局、費用と時間を無駄にしてしまうことにもなってしまいます。

当院と提携する
根管治療専門医へご紹介
ここまで酷い状態であれば「抜歯」を検討すべきなのかもしれませんが、やはり可能であれば「なんとかして自分の歯を残したい・・・」と思う方もいらっしゃいます。そこで当院は根管治療の専門医と提携しているため、専門施設へご紹介し、“歯をできるだけ残す“ご提案もすることが可能です。
当院へ一度ご相談いただければ幸いです。