和光市デンタルオフィス

東武東上線 東京メトロ有楽町線 副都心線
「和光市駅」"駅直結" "駅ナカ" "徒歩0分"

10:00〜21:00(常時OPEN)

SERVICE

Kids

何より慣れてもらうこと
怖がらせない歯医者さんを意識してます。

子供の頃は、あらゆることが初めての体験です。
そのため、歯の治療を無理やりされ怖い体験をしてしまうと、その後は治療に協力してくれなくなってしまいます。そのイメージのまま大人へと成長していけば、当然歯科医院に行くのは気が進みませんから、そのような方は、痛みが耐えられないくらいひどくなった状態まで放置してしまう傾向があります。
これは、子供の頃の記憶次第で、将来の歯の本数や全身の健康面に影響が出ることを意味しています。
当院では、開業医としてのできる限りの工夫をし、お子様にも対応しております。
ネガティブな言葉をできるだけ使わないでください!
来院された時点で泣いてしまっているお子さんがよくいます。なぜでしょうか?
知らず知らずのうちに保護者の方が何気なく言った一言がそうさせてしまっているケースがあります。
「ちゃんと歯磨きしないからこんなことになったんだよ。」
「お母さんの言うこと聞けないなら、歯医者さんに連れて行くからね。」
こういった言葉ですでに歯科医院へのハードルがいつの間にか上がってしまいます。
どうかご協力をお願いいたします。

当院の小児歯科の特徴

1.“歯医者さんに慣れる”ための取り組み

最初は慣れてもらうことから始めましょう

緊急時を除き、お子さんが初めて来院された際はすぐに治療をいたしません。
まずは、お子さんに「診療台に座ってもらう」「お話をする」「器具を見てもらう」ことから始めましょう。歯医者さんの雰囲気に十分慣れた上で、私たちスタッフと仲良くなることが何よりも大事です。

幼い頃の記憶で、歯医者さんが楽しい場所として覚えている方は、ほとんどいないのではないでしょうか?
お子さんに、歯科医院に対してネガティブなイメージを持たせないようにするのは、ある意味、歯科医院の腕の見せどころでもあります。
ぜひ、当院へ大切なお子さんをお任せください!

みんな大好き「ガチャポン!!!」設置
頑張って治療ができたお子さんには、ガチャポンコインをプレゼントします。
当院では、毎回このコインでガチャポンで遊んで帰ることができます。

2.“治療のお痛みを軽減”する数々の工夫

進歩した歯科材料で治療のストレスを軽減
当院では、患者さんのストレスを最小限に抑えるため、細心の注意を払った麻酔を行なっています。
歯科材料で最もお痛みを感じない組み合わせ
■表面麻酔
麻酔注射をする際のお痛みを軽減
麻酔を打つ際、針が刺さる瞬間だけはどうしてもお痛みが出てしまいます。当院では、ご希望の方には、表面麻酔薬を塗るサービスをしております。

■極細の注射針
最もお痛みを感じにくい注射針
注射は針が細いほど、お痛みを感じにくくなる性質があります。当院では、現在販売されている物の中で最も細い“極細”をご用意しております。

■電動麻酔注射
最適な麻酔スピードを実現
麻酔薬を一気に注入すると、組織が急に圧迫され、お痛みを感じる原因になります。そのため、麻酔を注入する際には一定の量と速度を守りながら注入する必要があります。
しかし、人間の手指感覚では、完璧には最適な量と速度を守れません。
そのため、当院では、麻酔が苦手な方には、出来るだけ電動麻酔注射で対応することにしております。
(キャリアのあるDrは、手指感覚の麻酔でも対応可能です。特に、当院の院長は、電動麻酔に依存することなく、手指感覚でもお痛みの少ない麻酔を得意としています。)

3.“生え変わり”から将来の歯並びを予測する

お子さんの歯並びが気になったら
大人とは異なり、子供は歯並びを整えるのが容易です。
なぜなら、子供の顎の成長が期待できる年齢に矯正を開始すれば、
将来歯を抜くことなく、歯並びを改善することができる可能性があるからです。
一方、大人の矯正は、歯だけを動かすため、歯への負担も大きく、費用ももっとかかります。
近年の研究によると、「運動能力の向上」「集中力や持続力の向上」には、ちゃんとした歯並びでかみ合わせが安定していることが不可欠であることがわかっています。歯並びは、見た目だけの問題ではないのです。
小児矯正は、お子さんの一生でチャンスは1回だけです。
お子さんの矯正治療について詳細を知りたい方は、「矯正歯科ページ」をご覧ください。
当院の万全の医療連携システム
以下に該当するケースの場合、「大学病院の小児歯科・障害者歯科」へご紹介いたします。
(A)診療台に落ち着いて座ることすらできないお子さんで、歯科治療が緊急に必要とされるケース
(B)障害をお持ちのお子さんで、今後の歯科治療の対応が困難であると認められるケース
(C)感染性の高い疾病にかかっているお子さんで、歯科治療が緊急に必要とされるケース
(D)上記以外のケースで、他の患者さんへご迷惑がかかる行為を繰り返すケース