東武東上線 東京メトロ有楽町線 副都心線
「和光市駅」"駅直結" "駅ナカ" "徒歩0分"

エキアプレミエ和光3F

CASE・BLOG

2022年09月26日

部分矯正症例②-部分矯正なら当院へ-

「前歯のねじれているところを矯正したい」という希望の患者様です。

正面

右側

左側

咬合面

 

今回、前歯がねじれているのは

赤丸部:上唇小帯

上唇小帯の影響を受けていることが考えられます。

このスジの筋肉の走行によって

幼少期から歯並びがこのように変化してきています。

 

ただ

この歯並びの改善は簡単です。

3番目の歯が矮小歯であることからspaceも残っており、

凸凹の改善は容易に行えます。

後戻り(矯正治療後の若干の戻り)を最大限予防するならば、小帯の切除も検討すれば良いですし、

切除が嫌な方は

リテーナー(矯正後の歯並びをキープする装置)を工夫すればいいでしょう。

 

部分矯正の適応症例は

「歯並びの不揃いの原因が前歯付近にあり、改善も前歯のみの矯正で可能」という場合に限りますので、

今回のケースは部分矯正で改善可能です。

 

一方、

・奥歯の歯並びが原因で前歯に皺寄せが来て凸凹になっているケース

・前歯(3-3番目)までの治療介入のみで改善できないケース

は部分矯正では不可能です。

参考までに覚えておいていただけたらと思います。

 

さて、治療開始直後は

正面

咬合面

というように矯正装置がついております。

この方はクリアブラケット+シルバーワイヤーで治療されておりますが

こちらが1番リーズナブルです。

もちろんマウスピース矯正でもこの治療は行えますが、費用的にはワイヤーより上がると考えてください。

 

そして、

たったの3ヶ月で

 

正面

右側

左側

咬合面

 

ここまで綺麗になります。

 

「自分の場合は部分矯正でできるのかな・・・」

と思っている方は

ぜひ当院の歯並びの無料相談にいらっしゃってください!

 

[情報]

患者:M.O様

主訴:前歯のねじれている部分を治したい

方法:クリアブラケット+シルバーワイヤー(2×4)

通院回数:3回程度(1ヶ月に1回)

治療(動的)期間:3ヶ月

治療(静的)期間:6ヶ月

費用:

相談(0円)

検査・診断(税込22000円)

当院の部分矯正(税込16.5万円)

保定装置(33000円)

副作用とリスク:

動的治療では、歯肉退縮・歯根吸収・歯髄失活など

静的治療では、後戻りのリスクなど

がございます。

 

(歯科用語の解説)

*動的治療とは、歯を積極的に動かしていく治療を意味します。

*静的治療とは、歯をそのままの位置で保つ治療を意味します。保定とも言います。