東武東上線 東京メトロ有楽町線 副都心線
「和光市駅」"駅直結" "駅ナカ" "徒歩0分"

エキアプレミエ和光3F

CASE・BLOG

2022年08月17日

インビザライン症例④-歯を抜かずに治す方法-

今回はこの症例です。

正面

上顎

下顎

 

こちらの患者様も、スペース不足によって前歯が凸凹になってしまっています。

顎の側方骨幅に余裕があり、

「歯列の側方拡大」とIPR(歯の側面を0.5mm以内で削る)という方法のみで

非抜歯矯正で治療ができました。

正面

上顎

下顎

 

今回の治療期間は「9ヶ月」!!!

 

透明なマウスピース矯正で

目立たない矯正を始めてみませんか???

 

当院の歯並びの無料相談へお越しください!

 

[情報]

患者:M.F様

主訴:前歯の凸凹を治したい

方法: 非抜歯 IPR(歯の側面削る)有 歯列拡大を設計したマウスピース(インビザライン )を1日22時間以上、口腔内へ装着を行う 必要に応じてゴム掛けも行う

通院回数:5回程度(2ヶ月に1回)

治療(動的)期間:9ヶ月

治療(静的)期間:1-2年

費用:

相談(0円)

検査・診断(税込55000円) *ご契約後にキャッシュバックで全額割引対象

当院のスタンダードコース(税込77万円)  *分割できます。業界最安のローン手数料対応可能です。

保定装置(税込33000円)

副作用とリスク:

設計通りに歯が動いてこない場合は追加でマウスピースを発注する可能性があり、その場合、治療期間の延長があります。

あとは

動的治療では、歯肉退縮・歯根吸収・歯髄失活など

静的治療では、後戻りのリスクなど

がございます。

 

(歯科用語の解説)

*動的治療とは、歯を積極的に動かしていく治療を意味します。

*静的治療とは、歯をそのままの位置で保つ治療を意味します。保定とも言います。