歯ぐきが下がってきた気がします。何が原因でしょうか?

歯茎が下がる(歯肉退縮)の原因には、歯周病、過度なブラッシング、歯ぎしり、不正咬合、適合の悪い修復物、矯正治療など、数多くの要因が考えられます。加齢によっても歯茎は徐々に下がっていきますが、これらの要因と組み合わさることで歯肉の退縮はより進行しやすくなります。歯ぐきが下がると、審美的な問題が生じるだけでなく、本来は歯ぐきに隠れている部分が露出して知覚過敏症状が起きることもあります。また、食べ物が詰まりやすくなったり、根面齲蝕といって歯の根元に虫歯ができるリスクも高まります。一度退縮した歯ぐきは自然に元に戻ることはないため、原因を取り除いて、進行をいかに抑えるかが大切になります。