根管治療した場合、経過観察は必要ですか?

結論から述べますと、治療が終わった後もしばらくの間は経過観察していった方が望ましいです。根管治療を無事終えたとしても、通常の器具や術式では清掃が難しい複雑な根管形態(歯の根っこの形)だった場合、その清掃不十分な部分から再感染することがあります。また、すでに感染が根尖(歯の根っこの先端)にまで及んでいる歯に対して根管治療をした場合、治療がうまくいっているのかを見極めるのが、特に重要になってきますのでレントゲンなどを撮影して経過観察をお勧めしています。いずれの場合も、レントゲンに反映されるまでには数カ月はかかりますので、通常の定期健診などと合わせて経過をみさせていただく場合が多いです。