こどもの矯正(1期治療)をしなくても、大人の矯正(2期治療)をすれば結果は同じですか?

いいえ、結果は全く異なります。例えば、小児矯正をせずに顎が小さいまま大人になった場合は、将来的な叢生(でこぼこ)の量は大きく、抜歯を行い、歯の数を減らさないと歯並びが改善できない可能性が上がってしまいます。また、歯並びだけでなく、低位舌や口呼吸などの悪習癖をそのまま放置したことで、反対咬合(受け口)が酷くなってしまう場合もございます。結果として成人矯正の費用も上がってしまい、小児矯正との合計額をはるかに上回ってしまうこともあるので、悩むようでしたら小児矯正はひとまず受けておいた方が賢明かと思います。