小児矯正はどこまでを治す治療でしょうか?

一般的には、顎の発育コントロールをしつつ、永久歯の前歯4本を配列するところまでが小児矯正の主な目的(ゴール)となります。その後は保定観察をしていき、犬歯から大臼歯がうまく並べば小児矯正で矯正治療は終了しますが、並ばない場合は、その後は成人矯正を改めて検討していただきます。