虫歯はどのようにして生じますか?

通常、私たちの口腔内にはミュータンス菌などの虫歯の病原菌が数多く生息しています。これらの細菌は、我々が摂取する食べ物や飲み物の糖分を栄養に増殖して歯の表面にプラーク(細菌の塊)を形成し、代謝物として酸を放出しています。この細菌たちが産生する酸に長時間さらされることで歯の表面が溶けていき、いわゆる虫歯が進行することになります。プラークの形成は飲食後すぐはじまるといわれていますので、食べたらすぐ磨くことが虫歯予防の基本といえます。また、唾液には口腔内の汚れや細菌が作り出す酸を中和する役割があるため、よく噛んで食事をすることも虫歯予防に有効です。