虫歯の治療にはどのような方法がありますか?

虫歯の進行する範囲によって治療方針が異なります。虫歯の範囲が比較的小さい場合には、歯科用プラスチック(直接法)やインレー等の部分的な歯の詰め物、虫歯が比較的大きく歯質の強度が低下している場合にはクラウンといって歯全体を覆う被せ物で対応することが一般的です。虫歯が歯の内部の神経まで進行している場合には、歯の神経の治療(根管治療)が必要になります。虫歯の進行範囲や程度によっては、歯の保存が難しく、歯を抜くこと(抜歯)を提案させていただく場合もあります。抜歯後の欠損部の治療方法としては、ブリッジやインプラント、入れ歯などの選択肢があります。