虫歯でも削らないことはありますか?

はい。虫歯(う蝕)は、進行が速い茶褐色の急性う蝕と、進行が遅い黒色の慢性う蝕に分けられます。後者の慢性う蝕の場合は、虫歯の原因となる細菌の活動はほとんど停止していることが多いので、審美的に問題がない箇所であれば、削らないで経過観察をすることがあります。また、エナメル質表面の白濁も初期脱灰(※)といって、いわゆる初期虫歯という状態ですが、この段階ではまだ削らずに経過観察となります。歯の表面に穴(実質欠損)が認められるようになると、経過観察をやめて虫歯治療を開始することが多いです。(※脱灰:歯の表面からカルシウムやリン酸が溶けだした状態)