甘いお菓子やジュースは子供の歯の発達に悪いですか?

お菓子やジュースは特に生えたての子供の歯やお口に悪い影響を及ぼします。お菓子やジュースには多くの糖分が含まれており、口の中の細菌がその糖分を利用して酸を生成します。この酸が歯のエナメル質を溶かし、虫歯の原因となります。 特に、頻繁に摂取すると口の中の酸性度が長時間高い状態が続き、歯が酸蝕されやすくなり、その結果、虫歯のリスクが増大し、お子様のお口の健康が損なわれる恐れがあります。 甘いお菓子やジュースを楽しむ際には、食後に歯を磨くなどの口腔ケアを徹底することが重要です。 歯の健康を守るためには、バランスの取れた食事を心がけるとともに、定期的な歯科検診を受けることが大切です。