6歳の子供の歯がまだ抜けません。乳歯が抜けるのは何歳頃ですか?

乳歯が抜けるのは通常、6歳から12歳頃です。この期間に、乳歯が自然に抜けて永久歯に置き換わります。乳歯が抜け始める順序やタイミングには個人差がありますが、一般的には前歯から抜け始め、その後奥歯へと進んでいきます。ただし、乳歯が抜ける時期が極端に早かったり遅かったりする場合や、永久歯が生えるスペースが足りないと感じる場合はお早めに歯科医院にご相談されることをお勧めします。特に最近は顎が小さく、歯が大きいお子様が増加しているため、永久歯が生えてくる道を邪魔してしまっている場合はグラグラしていなくても抜歯が必要になる場合もあります。