矯正治療中に日常生活で何か気をつけることはありますか?

硬い食べ物や粘着性のある食べ物を食べてしまうと、装置が壊れてしまったり装置に絡みついてしまうことがあります。特に食事制限はありませんが、装置が歯についているということを意識して食べるようにしましょう。また、特にワイヤー矯正の方はブラケットが付いており通常よりも汚れが溜まりやすくなっていますので、フロス、歯間ブラシ、タフトブラシも併用して鏡を見ながら念入りにお手入れをするようにしましょう。ご自身のケアに加えて当院の歯並びクリーニングも受けていただくとさらに良いでしょう。マウスピース矯正の方は、歯がうまく動いてくれるようお食事の時と歯磨きの時以外は常に装着するようにしていただきます。