矯正治療をするには必ず抜歯しないといけないのですか?

抜歯に関しては必ずしもしないといけないわけではありません。例えば凸凹の歯並びが軽度である場合は抜歯をせずにIPR(歯と歯の間を削って隙間をつくる)を入れることにより並びを整えることが可能ですし、すきっ歯を治したい場合も非抜歯で治療できる可能性があります。逆に凸凹が大きい場合や歯の出っ張りを改善する場合には抜歯は必要となります。はっきりとした結果に関しては検査が必要になりますが、無料相談だけでも受けていただければ当院でも抜歯の必要性を大まかに判断できますし、患者様自体も大体のイメージが掴めるかと思いますので、気になりましたらぜひご予約ください。