神経に近いと言われたのですが、抜いてもらえますか?

はい、神経に近いところの抜歯にも対応しております。しかし、下顎の中を通っている下顎管とよばれる大きな神経と血管が入っている管と、下の親知らずが接近して埋まってしまっている場合は、CTといった精密な画像を撮影して3次元的に評価をしたうえで抜歯に臨みます。下顎管と近い親知らずを抜いた場合は、術後下唇付近の感覚が鈍くなったり、しびれが一定期間残ってしまったりすることがあるため、下顎管を抜歯操作中に損傷するリスクが高いと担当医が判断した場合には、提携している病院の口腔外科をご紹介させていただくこともございます。