どのような場合に抜歯が必要になりますか?

虫歯が進んでしまい歯の大部分が無くなってしまっている場合、さらには虫歯から根っこの先にまで細菌感染が起きている場合などが主に挙げられます。そのほかにも、歯が根っこから折れてしまったり、歯周病が進行してかなり揺れていたりした場合にも抜歯が適応になります。親知らずに関しては、斜めなど通常の方向に生えていない場合も抜歯をしたほうがいいことが多いです。斜めに生えていることでその周りに汚れがたまりやすく、部分的に歯茎の炎症が起こったり、隣の歯が虫歯になりやすかったりするためです。頬っぺたをよく噛んでしまう場合もぬいたほうがいいと思われますので一度ご相談ください。