保険治療でもラバーダムは使用してもらえますか?

保険治療においても患者様が希望される場合、もしくは担当医が必要と判断した場合は、ラバーダムを使用して根管治療を行っております。特に、奥歯など唾液が溜まりやすい場所、治療器具が操作しにくい場所に関しては、ラバーダムが必要になることが多いです。また、ラバーダムが苦手な患者様はラバーダムと同様に防湿効果のあるZOOを使用して行っております。唾液が根管内に入り込む状況で根管治療を行うと、成功率が低下するだけでなく、場合によっては根尖性歯周炎の再発を引き起こしますので、ラバーダム、ZOOはとても重要なツールです。