根管治療はどのような治療ですか?

歯髄腔や根管とよばれる歯の内部の神経や血管が入っている空間をきれいにしていく治療になります。細いやすりのような器具や消毒薬を使用して根管内を清掃していき、最終的には細菌や汚れなどが侵入しないように、根管内を専用の材料で埋めたら終了です。虫歯などが大きく、治療後に歯の形が保たれていない場合は、歯を補強する土台をたてたり、被せ物をしたりする場合もあります。虫歯が大きかったり、根っこの先端部分に細菌が入り込み炎症を起こしたりしている場合は根管治療の適応となります。歯を抜かずに残していくために必要な治療の一つになります。