セラミックの色や透明性はどのように調整されますか?

セラミックには多くの色調が用意されており、患者の天然歯に合わせた色を選ぶことができます。歯科医師や歯科技工士が色見本(シェードガイド)を使って、患者の歯に最も近い色を選びます。当院では法人内に技工所を抱えており、技工士との連携が密に行われております。患者様の希望を聞き、どのような色・形にしたいのかを明確にした上で、写真を撮ったり希望であれば技工士の立ち会いのもと色を合わせていきます。技工所では、専用の色付け材(ステイン)を使用して細かな色調整を行います。また、最終的にはグレーズをかけることで、自然な光沢と透明感を与えます。この処理により、セラミックの色がより自然に見えるようになります。