ポリリンホワイトニングが痛みを感じにくい理由は何ですか?

ポリリンホワイトニングが痛みを感じにくい理由は、ポリリン酸は歯のエナメル質や象牙質に優しい成分であり、従来のホワイトニングで使用される過酸化水素や過酸化尿素と比べて、刺激が少ないため知覚過敏を引き起こしにくいからです。

さらに、ポリリン酸は歯質をコーティングし守ってくれる作用があります。このように、ポリリン酸の穏やかな作用と保護効果により、ポリリンホワイトニングは痛みや違和感を感じにくいホワイトニング方法として広く受け入れられています。しかし、もともと知覚過敏をお持ちの方や虫歯がある方はポリリンホワイトニングでも強いしみを感じる可能性がありますので、治療を終えてからの施術がいいでしょう。