歯のホワイトニング後、どれくらいの期間で再度施術が必要になりますか?

歯のホワイトニング後の再施術の必要性は個人の状況によって異なりますが、一般的な目安としては、ホワイトニングの効果が持続する期間は1年程度とされています。ただし、食生活や飲み物の摂取、喫煙の有無、歯の清掃状態などが効果の持続に影響を与えるため、担当の歯科医師や歯科衛生士と再施術の必要性を相談しながら判断するのが理想的です。なるべく色を保つために、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどの色素が強い食べ物や飲み物を頻繁に摂取すると、ホワイトニング効果は早く薄れることがありますので、なるべく避けたほうがいいでしょう。