マウスピース矯正が向いているのはどんな症例ですか?

・軽度から中等度の歯列不正:軽い歯の重なり(叢生)や隙間(すきっ歯)。
・前歯の矯正:奥歯(臼歯)の噛み合わせや移動を伴わず前歯のみの不正歯列の改善。
・軽度の不正咬合の問題:噛み合わせのズレが少ない場合。顎変形症などのオペ症例は適応外となります。
・矯正後の後戻り:過去に矯正治療を行なっていて歯が動いてきてしまった場合。
・審美的な理由:金属装置が見えるのを避けたい場合。

ただし、重度の不正咬合や歯列不正にはワイヤー矯正が適することもあり、抜歯症例に関してはワイヤー矯正との併用が必要になる場合もあります。 具体的な治療方法はカウンセリング、検査を行うことで診断されます。