ボツリヌストキシンとはどんな成分ですか?

(Botulinum toxin)はクロストリジウム・ボツリヌムと呼ばれる細菌が生成する神経毒素で、神経伝達物質の放出を阻害することで筋肉の収縮を抑制します。ボツリヌストキシンを微生物学的に生産し、精製して取得されます。主な効果は、神経伝達物質のアセチルコリンの放出を阻害することによるものです。アセチルコリンは筋肉の収縮に関与する神経伝達物質であり、ボツリヌストキシンがこれを抑制することで筋肉の収縮が抑制されます。この作用により、ボツリヌストキシンはあらゆる目的に対して医療や美容の分野で広く使用されています。