子どもの歯に白濁がある場合、何が原因ですか?

歯に見られる白濁は、原因はいくつか考えられます。まず、最も一般的な原因は初期の虫歯です。歯の表面のミネラルが溶け出すことで歯の表面は白く白濁します。次に、フッ素過剰摂取によるフッ素症も原因の一つです。歯の発育中に過剰なフッ素を摂取すると、エナメル質の形成が不完全になり、白濁ができることがあります。 また、エナメル質形成不全という状態も原因となります。これは、エナメル質が正しく形成されない遺伝的または環境的要因によるもので、白い斑点やその他の異常が見られます。 これらの対処法としては、原因ごとに改善方法は異なるため、まず歯科医に相談し、正確な診断を受けることが重要です。