歯周病とはどんな病気ですか?

歯周病は、歯周病原菌が歯ぐきや歯を支える骨などの歯周組織に感染することで生じる炎症性疾患で、歯を失う原因の約40%はこの歯周病に起因すると言われています。歯周病の初期段階は歯肉炎といって、炎症が歯ぐきのみに限局している状態ですが、炎症が進行すると、歯を支える歯槽骨にまで炎症が波及して歯槽骨が溶け始め、それによって歯が揺れてきたり、最終的には歯を抜かなければならない状態にまで進行することがあります。歯周病は進行すると自然治癒することはないため、早い段階から適切な処置によって病態の進行を落ち着かせたり、改善することが重要となります。