虫歯の予防方法として有効なのは?

虫歯の予防方法として重要なのは、虫歯の原因菌・食習慣・健康な歯の維持(口腔内)に対するアプローチを図ることです。

具体的には、①原因菌の除去:食後や就寝前には、歯ブラシやデンタルフロス等の口腔ケア用品を使用して、食べかすやプラークを除去する、②虫歯になりにくい食習慣:糖分や酸を多く含む食品や飲料の頻回摂取(ダラダラ食べ)を控え、バランスの良い食事を心がける、③歯質や口腔環境の強化:フッ化物の利用や定期的な歯科検診で適切な予防処置を受ける、といったことが基本となります。これらを習慣化することにより、より虫歯になりにくい口内環境を維持していくことが可能となるでしょう。