虫歯予防のシーラントは何歳から適用できますか?

歯のシーラントは、通常6歳から7歳頃に適用できます。この時期は、乳歯の奥に第一大臼歯(6歳臼歯)が生えてくるタイミングであり、虫歯になりやすいタイミングでもあります。歯の噛む面にシーラントと呼ばれる樹脂を塗布し、食べカスや汚れが溜まるのを防ぐことで、虫歯の予防に効果的です。 また、第二大臼歯が生える12歳頃にもシーラントの適用が推奨されます。シーラントは歯を削らずに、痛みもほとんどないため、子どもにとってストレスの少ない予防策です。塗布したら定期的な歯科検診でシーラントの状態をチェックししましょう。