矯正治療ができないケースはありますか?

前述の通り歯周病が大きく進行している症例や、骨格的に顎や噛み合わせが大きくズレてしまっている症例は当院では治療することができません。後者の場合は外科的矯正治療が必要となりますので、大きな病院へ紹介させていただく形となります。また、患者様の理解が著しく乏しい場合や当院の指示に従っていただけない場合、治療方針にご納得いただけない場合は治療をお断りしています。矯正治療は患者様との信頼関係の上に成り立っておりますので、お互いの信頼関係が毀損した状態では治療可能な症例だとしてもお受けすることができませんので、あらかじめご了承いただけますと幸いです。