和光市デンタルオフィスで扱っている矯正装置の種類はどれぐらいありますか?

小児の場合はムーシールド(反対咬合改善)、拡大床(凸凹を治す取り外し式装置)があります。成人の場合は表側ワイヤー矯正(シルバーワイヤー、ホワイトワイヤー選択可)、マウスピース矯正(インビザライン、DPEARL)があります。年齢的にはお子様でも時期を逃してしまうとワイヤー矯正、マウスピース矯正といった成人矯正と同じ範疇になり、時には抜歯も必要となる場合もございますので、気になった時点でお早めにぜひ無料相談のご予約をお取りください。一度、無料相談、検査まで受けていただくと患者様それぞれに合った矯正装置をご提案することが可能です。