矯正治療する上でのリスクはありますか?

歯の移動により歯根が1〜2mm程度短くなる可能性があります。また、突発的に歯の神経が失活する(死んでしまう)ことがあり徐々に歯の色が変色してくることがあります。初期の段階であれば部分的に矯正力を解放することにより元に戻る場合もありますが、症状が進んでしまうと歯の神経の治療が必要となる場合もあり、その際には矯正治療を一時的に中断させていただきます。ご自身のケアにおいては特にブラケットを装着された方に関しては、念入りに歯磨きをしていただかないと虫歯になるリスクがあります。歯根の短小化や神経の失活は偶発的に起こるため防ぐことは難しいですが、虫歯に関してはご自身の意識により防ぐことができます。