抜歯のあと、骨が露出したままになってしまった場合はどうすればよいですか?

いわゆるドライソケットとよばれる状態です。通常、抜歯窩(抜いた後の穴)の骨が露出するのは抜いた直後のみで、すぐに血液で満たされ血餅(血のかさぶた)が形成されたのちに歯茎などの組織へ治癒していきますが、ドライソケットになると骨が口の中に露出したままの状態となり、なかなか痛みが治まりにくいです。何らかの影響で血餅が抜歯窩に保持されなかったことが原因と考えられます。お口の中で骨が露出したままになるとさらにそこから感染することもあるので、抗生剤を追加で飲んでいただいたり、抜歯窩にお薬などを詰めたりなどの治療が必要になるケースもあります。抜歯後に痛みが1,2週間続くようであれば一度ご相談下さい。