抜いた傷口はいつから閉じますか?

治っていく過程を時系列でご説明いたします。まず血餅(血のかさぶた)が抜いた傷口を覆います。3,4日ぐらいかけて血餅は安定していきまず歯茎の組織が再生し始めます。この頃はまだ抜いた穴に再生し始めた歯茎の組織が覆っているだけで穴は空いたままですが、1週間から1ヶ月ぐらいかけて完全に歯茎の組織に変わっていき穴がふさがります。最後に骨の再生が起こりますが、骨は再生するのが遅く、抜いたところの骨が完全に回復してくるのは最低でも半年以上はかかることがほとんどです。そのため完全に治癒するのは数年単位となりますが、歯茎がもとに戻る1ヶ月ぐらいを目安にしていただければと思います。