根管治療をしている間、その歯はどうなっているのでしょうか。

根管治療とは歯の内部の神経が入っている空間を清掃していく治療になります。そのため、歯の内部に器具をアプローチするため一般的には歯が嚙み合っている面から穴を開けて治療を進めていきます。治療を複数回に分ける場合にはその穴から唾液中の細菌や食べ物が入り込まないように仮のフタをすることが多いです。最終的にはその穴を埋めるように歯を補強したり、被せ物をしたりしますが、治療途中では歯の内部はほとんど空洞のような状態で、もろくなっており割れてしまう可能性もありますので、あまり固いものなどは積極的に噛まないようお願いします。