根管治療はどんな時に必要になりますか?

主に大きな虫歯を治療する際に必要になる場合が多いです。歯の外側からエナメル質、象牙質、歯髄(歯の神経や血管が入っている空間)という構造になっていますが、歯髄まで進んでしまった虫歯に対しては、いわゆる歯の神経を抜く治療である根管治療が必要になります。または、すでに神経が壊死していたり、歯の根っこの先に感染があったりする場合は、歯の内部の感染(細菌や汚れ)を除去するために根管治療が必要になることが多いです。一部例外的にセラミック矯正や知覚過敏の症状がひどい時にはしっかりと相談したうえで根管治療をする場合もあります。