歯科用セラミックは保険適用にはならないんですか?

歯科用セラミックは一般的に保険適用外です。日本の医療保険では、保険適用となる歯科材料は金属(銀歯など)や、レジン(プラスチック)が主流であり、セラミックのような審美性の高い材料は対象外とされています。セラミックの使用は、見た目の自然さや美しさを追求するための選択肢として位置づけられており、そのため自費診療となります。また、国の政策状況から見ると日本は医療費を下げていく方向に進んでいるので、特に材料や加工にコストのかかる長持ちする素材に関しては保険適用になることは考えづらいと思われます。 セラミック治療を希望する場合は、事前歯科医と費用について詳しく相談し、自費負担を理解することが重要です。