歯科用セラミックの加工や修復の難易度は?

歯科用セラミックの加工や修復は高度な技術を要し、難易度が高いです。セラミックは硬くて脆いため、正確な削り出しや形状の調整が必要です。歯科技工士がCAD/CAM技術を用いて精密に作製しますが、失敗すると再製作が必要になります。また、セラミックの修復は難しく、欠けたり割れたりした場合には、再度作り直すことが多いです。経験豊富な歯科医師と歯科技工士の連携が重要です。当院では5年保証があるため、もし割れたり欠けたりなどのトラブルがあっても迅速に対応することができます。※保証規定があります。詳しくはスタッフまでお尋ねください。