歯科用セラミックが歯科医院でどのように使われているか、もう少し具体的に教えてください。

セラミックは歯科医院でさまざまな方法で使用されています。具体的な設計例(インレー、クラウン、ブリッジ)をいくつか挙げます。 セラミックインレーは、小さな虫歯や歯の欠損部分の修復には、セラミック製のインレー(詰め物の一種)を部分的に詰めます。これらは金属製のものに比べて審美的であり、歯になじみやすいです。次に、セラミッククラウンは、前歯や奥歯での破損が大きい場合、天然歯に近い色調と審美性を回復するために、歯を全て覆います。そしてセラミックブリッジです。歯が欠損している場合、隣接する歯を支えにしてセラミック製のつながったかぶせものを設置することで、欠損部分を見た目として補う治療が行われます。