セラミックの寿命はどのくらいですか?

セラミックの寿命は、一般的に10〜15年とされていますが、適切なケアと使用条件によりこれ以上持つこともあります。セラミックは非常に硬く、耐摩耗性が高い素材であるため、長期間にわたりその形状と機能を維持します。また、変色しにくく審美性が高いため、見た目も長持ちします。 寿命に影響を与える要因には、噛み合わせの力や口腔衛生状態、食生活、歯ぎしりや食いしばりの習慣などがあります。強い噛み合わせや歯ぎしりはセラミックの欠けや割れのリスクを高めるため、ナイトガードの使用が推奨されることがあります。さらに、セラミックの補綴物を長持ちさせるためには、定期的な歯科検診と適切なメンテナンスが欠かせません。