ホワイトニングが有効でない歯の状態や色はありますか?

例えば、神経が死んでいる場合や過去に歯の治療を受けたことが原因で生じる内部の変色や元々の構造的な問題には効果がありません。
また、テトラサイクリンという抗生物質の服用により引き起こされる歯の変色も、ホワイトニングでは改善が難しいことが多いです。
さらに、人工的な材料でできた歯や詰め物、クラウン、ラミネートベニアなどもホワイトニングの効果を受けません。
また、エナメル質が著しく摩耗している場合や、ひび割れがある場合もホワイトニングが適さないことがあります。エナメル質が薄いとホワイトニング剤が象牙質に直接影響を与え、歯の過敏症を引き起こす可能性があるためです。