妊娠中や授乳中でもホワイトニングは安全ですか?

妊娠中や授乳中にホワイトニングを行うことについては、一般的に推奨されません。その理由は、ホワイトニングに使用される薬剤の安全性が完全に確立されていないからです。過酸化水素といったホワイトニング剤が歯や歯茎に作用する際、これらの化学物質が微量でも体内に吸収される可能性があるため、胎児や乳児に与える影響についてはまだ十分に研究されていません。よって当医院では基本的には妊娠中や授乳中の方のホワイトニング処置はお断りしています。 日頃の歯ブラシと併用して、着色除去効果のある歯磨き粉を使ったり、ポリリン酸等のデンタルグッズを使うと妊娠中への影響がなく、多少は歯面を綺麗にすることができます。