ホワイトニングが歯に与える副作用はありますか?

ホワイトニングが歯に与える副作用には、いくつかのものがありますが、ほとんどの場合は一時的で軽度なものです。最も一般的な副作用は、一時的にしみやすくなることです。ホワイトニングに使用される薬剤、特に過酸化水素は、歯のエナメル質を通じて内部の象牙質に作用するため、しみやすくなることがあります。いわゆるこの知覚過敏の症状は施術後数日以内に収まりますが、人によっては数週間続くこともあります。
もう一つの副作用は、歯茎や口内の軟組織に対する刺激です。ホワイトニング薬剤が歯茎や唇、舌に付着すると、軽度の炎症や刺激を引き起こすことがあります。