入れ歯は、保険治療の範囲で製作できますか?大体でいいのですが、費用はどれほどかかりますか?

入れ歯は保険治療の範囲内で製作することが可能です。保険適用の入れ歯は、主にレジン(プラスチック)製で、基本的な機能と外観を提供しますが、審美性や耐久性は自費治療の入れ歯に比べて劣ることがあります。保険治療の入れ歯の費用は、患者の自己負担割合によりますが、おおよそ数千円から1万円程度、総入れ歯の場合は1万円から2万円程度が目安です。ただし、具体的な費用は、治療の内容や地域によって異なるため、詳細は担当の歯科医師に確認してください。自費治療の場合、素材やデザインの選択肢が広がり、金属床やセラミック、スマイルデンチャーなどの高機能・高審美な入れ歯が選べます。